ジャパンリンクセンター

Japan Link CenterによるDOI登録件数

DOI登録件数

(2019年4月末時点)

DOIを入力して「送信」を押してください。

※https://doi.org/[DOI]としても同様のコンテンツが表示されます。

会員制度

会員制度の概要

Japan Link Center (JaLC) では利用者の多様なニーズに対応するため、JaLCに入会してサービスを利用する「正会員」と、正会員を通じてJaLCのサービスを利用する「準会員」の二つの利用形態を設けています。

利用形態

Ⅰ.正会員

「正会員」には「一般会員」と「検索会員」の2つの正会員区分があります。
「一般会員」は、コンテンツの書誌情報等を直接JaLCに登録し、DOIの登録を受けられます。そして、書誌情報やDOIを使用してJaLCに登録されている全てのデータに対して検索を行い利用することができます。
一方「検索会員」はJaLCにコンテンツの書誌情報等の登録は行えませんが、登録されているデータに対して検索を行うことができます。

会員資格

正会員になるには以下の要件をすべて満たしている必要があります(参加規約第3条1項)

  • ◆ 日本国内の法人又は団体(※)であること
  • ◆ JaLC の目的及び事業を理解し賛同すること
  • ◆ 原則として、次のいずれかに該当すること
    1. 1.コンテンツを発行又は提供していること
    2. 2.コンテンツに関する何らかの電子サービスを行っていること
    3. (※)法人又は団体としての参加が困難な場合には、内部組織であってもコンテンツの永続性に対して責任を取れる規模以上でお申し込みください。
    4.   (例)大学:学部、センター、図書館以上の規模の組織
    5.      企業:事業部、研究所以上の規模の組織

会費

会費はコンテンツの登録件数や、JaLCデータの検索件数などに基づいて定まります。詳しくは、ジャパンリンクセンター参加規約をご参照ください。
なお、CrossrefのDOIを付与した場合は、上記の会費とは別にその実費が発生します。

正会員になるまでの流れ

利用形態

Ⅱ準会員

「準会員」とは、正会員を通じてコンテンツの書誌情報等をJaLCに登録した機関のうち、以下の要件のいずれかに該当する機関のことです。正会員と共にJaLCを支えるメンバーとして「準会員」と呼びます。

  • ◆ 自機関でJaLCに登録したデジタルコンテンツを管理している機関
  • ◆ 独自のプレフィックスを持つ機関

準会員はとりまとめ機関である正会員を通し、正会員が設定した条件に従ってコンテンツにDOI名を登録することができます。
なお詳細についてはとりまとめ機関である正会員にお問い合わせ下さい。現在、いくつかの取り纏め機関が参加をしており、今後も増える予定です。

なお、現段階では取り纏め機関は右表のようになっております。

詳細は、下記 Japan Link Center 会員一覧 をご参照ください。

取り纏め機関 関連する機関(例)
国立研究開発法人
科学技術振興機構(JST)
J-STAGE利用学協会
参考:利用資格・条件・お申し込み
大学共同利用機関法人
情報・システム研究機構
国立情報学研究所(NII)
JAIRO参加機関
(大学等の学術機関リポジトリ)
参考:国立情報学研究所が取り纏めるJaLC準会員
NPO 医学中央雑誌刊行会 株式会社医学書院、株式会社南山堂、株式会社学研メディカル秀潤社、株式会社南江堂、株式会社メジカルビュー社、克誠堂出版株式会社、株式会社三輪書店 等
三美印刷株式会社 電子情報通信学会 等
株式会社国際文献社 公益社団法人日本生化学会、日本Pediatric Interventional Cardiology学会 等
国立研究開発法人
情報通信研究機構(NICT)
京都大学地磁気世界資料センター、情報通信研究機構電離圏・宇宙天気に関する世界資料センター
TRC-ADEAC株式会社 京都府立図書館