ジャパンリンクセンター

Japan Link CenterによるDOI登録件数

DOI登録件数

(2017年2月末時点)

DOIを入力して「送信」を押してください。

※http://doi.org/DOIとしても同様のコンテンツが表示されます。

JaLC関連ドキュメントについて

Japan Link Center (JaLC)関連ドキュメントの一覧を示します。各ドキュメントの目的、内容、対象者をご確認のうえ、必要なドキュメントのご参照をお願いいたします。
※ 各ドキュメントともリンクをはっております。

項番 ドキュメントの名称 目的 内容 対象者
JaLCについて知りたい方 JaLCへのご入会をご検討の方 JaLC会員の方
ジャパンリンクセンターとは何か
~その成り立ちと基本方針~
JaLCにおける基本的な方針について理解する。 DOIの基礎知識/JaLC設立の趣旨/JaLCの基本方針/DOIの現状/関係者との共創
ジャパンリンクセンターのご紹介 JaLCのしくみについて概要を把握する。 DOIの概要/JaLCについて/JaLCの会員制度について
ジャパンリンクセンターご紹介チラシ
DOI基礎知識(動画)
JaLCとは?(動画)
FAQ 他のドキュメントに対する補足的な理解を得る。 個別具体的な事象について、frequently asked questions and answers(よくある質問とそれに対する答えをまとめたもの)の形式で紹介。項番「1」に定められた普遍的な前提に基づく。
ジャパンリンクセンター入会の手引き 入会を検討するにあたり参加要件や入会手続きを理解する。 ご入会いただくための要件/入会手続き    
ジャパンリンクセンター入会申込書 入会申込の際に提出する。 申込みする機関の基本情報等    
正会員参加登録依頼書 入会が承認された後に、会員の利用詳細情報を登録する。 登録コンテンツ詳細情報や利用詳細情報等    
サイトID, DOI prefix申請書 正会員が次の(i)若しくは(ii)の手続きを希望する際に提出する。
(i)新たにサイトIDの設定、DOI prefixの払い出しを希望する
(ii)自らの準会員に新たなDOI prefixの払い出しを希望する
いわゆる「正会員」および「準会員」の基本情報    
正会員参加登録内容変更通知 JaLC事務局へ届け出ている内容に変更が生じたときに、提出する。 担当者や、DOI登録希望コンテンツの変更あるいは追加などの情報    
JaLC技術情報
データ登録デモ(動画)を含む
JaLCシステムを用いてDOI登録するための登録メタデータ仕様・登録手順、およびデータの登録や検索を行うためのAPI仕様について理解する。 登録メタデータ仕様(データ項目、データ形式等)/データ登録手順/外部インターフェース仕様/xml_data_and_xml_schema  
10 研究データへのDOI登録ガイドライン(日本語版) 研究データにDOIを登録するための基本方針を理解する。 研究データへDOIを登録しようとする際の指針  
研究データへのDOI登録ガイドライン(英語版)
11 ジャパンリンクセンター運営規則 円滑な運営のための基本方針を理解する。 JaLCの円滑な運営に関し透明性、公平性、中立性を保つため必要な事項
12 ジャパンリンクセンター参加規約 JaLCを適切に利用するための要件を理解する。 正会員として参加するにあたり遵守すべき条件  
その他 ジャパンリンクセンター概要 JaLCの概要を図解で理解する。 DOI概要/JaLC概要/JaLC近況
その他 Japan Link Center 会員一覧 現在の正会員、準会員を具体的に知る。 正会員および準会員のリスト
その他 Japan Link Center 正会員別DOI登録数 正会員別のDOI登録件数実績を知る。 正会員別のDOI登録件数

JaLCメタデータ

ジャパンリンクセンターは、JaLCに蓄積された書誌データ等を公開しています。

利用目的

ジャパンリンクセンター (JaLC) ウェブサイトで公開しているDOIと書誌データ(以下「書誌データ等」といいます。)は、どなたでも、複製、公衆送信、翻訳・変形等の翻案等、自由に利用できます。商用利用も可能です。

ご利用にあたっては、「ジャパンリンクセンター公開書誌データ等利用規約」 に同意したものとみなします。

書誌データ等の概要

書誌データ等には、DOI、論文タイトル、著者名、出版社名、ISSN、巻、号、開始ページなどが含まれ、RDF/XML形式で構成されております。

出力フォーマットは 「RDF/XML出力フォーマット」 を、RDF/XML出力のサンプルは 「RDF/XML出力サンプル」 からご確認いただけます。

※書誌データ等は圧縮ファイル(tar.gz形式)で提供いたします。解凍してご利用ください。

※書誌データ等は圧縮ファイルで650MB程度の容量がございます。

提供の方法

書誌データ等は、国立研究開発法人科学技術振興機構のwebページにて公開しています。

ダウンロードのページ

書誌データ等を使用した論文等を公表した際には JaLC事務局まで、その旨をご連絡ください。

お問合せ先

書誌データ等に関するお問合せは、次の連絡先までお願いします。

〒102-8666 東京都千代田区四番町5-3
国立研究開発法人 科学技術振興機構 知識基盤情報部
ジャパンリンクセンター (JaLC) 事務局
TEL.03-5214-8471, FAX.03-5214-8460 メールアドレス

※問題点を発見された方はJaLC事務局 メールアドレスまで、ご連絡ください。

DOI、JaLC関連情報

DOI関連記事

余頃 祐介「永続的識別子“DOI”の多様な活用状況:2015年DOIアウトリーチ会議in東京からの示唆」情報管理(2016)59巻1号43頁

「名古屋学院大学リポジトリで公開している全ての研究成果にDOIを登録」カレントアウェアネス・ポータル (Posted 2016年1月19日)

「京都大学図書館機構、学術情報リポジトリ「KURENAI」で公開している博士学位論文へのDOI付与について発表」カレントアウェアネス・ポータル (Posted 2015年12月22日)

三田図書館・情報学会の2015年度研究大会において JaLCアクセスログの分析結果を用いた研究の発表がありました。 吉川 次郎, 高久 雅生, 武田 英明, 逸村 裕 「アクセスログに基づくDOIリンクの参照状況の分析: JaLC DOIを対象に」三田図書館・情報学会 2015年度研究大会 セッションⅡ (2015年11月14日開催)

「九州大学学術情報リポジトリ(QIR)に登録した論文等のコンテンツに対してDOIを登録することが可能に」カレントアウェアネス・ポータル (Posted 2015年6月12日)

福山 樹里 「国立図書館×DOI×研究データ」カレントアウェアネス (2015) No.324, CA1849

「広島大学:機関リポジトリ担当者のためのDOI講習会」月刊DRF (第65号) No.65 June. 2015

「【特集】機関リポジトリ担当者のためのJaLC DOIスタート講座 ~マルチプルレゾリューション編~」月刊DRF (第63号) No.63 Api. 2015

「【特集】機関リポジトリ担当者のためのJaLC DOIスタート講座」月刊DRF (第60号) No.60 January, 2015

長屋 俊 「CrossRefの動向 revisited」カレントアウェアネス (2014) No.322, CA1836, p13-17

「DOIの登録数が1億件に到達」カレントアウェアネス・ポータル (Posted 2014年9月25日)

「デジタルオブジェクト識別子(DOI)が国際規格ISO 26324に」カレントアウェアネス・ポータル (Posted 2012年5月15日)

集会報告

武田 英明「研究データ利活用に関する国内活動及び国際動向について」、南山 泰之「報告会「研究データ共有によるイノベーションの創出」」月刊DRF第82号P2,P4new

余頃 祐介「「研究データ利活用協議会」公開キックオフミーティング」情報管理(2016)59巻7号490頁

時実 象一 「2015年CrossRef年次総会」情報管理(2015)58巻11号862頁

中島 律子「集会報告 DataCite/ePIC イベント 永続的識別子:データ集約型研究に向けたサービスを実現する」情報管理(2015)58巻10号791頁

小林 賢 「ジャパンリンクセンター「研究データへのDOI登録実験プロジェクト」中間報告会」情報管理(2015)58巻6号485頁

福山 樹里 「ジャパンリンクセンター活用の為の対話・共創の場(第2回) ~研究データへのDOI登録~」 情報管理(2015)58巻2号145頁

余頃 祐介, 中山 久美子, 水野 充 「2014年DOIアウトリーチ会議」情報管理(2014)57巻12号936頁

中島 律子 「2014年CrossRef年次総会」情報管理(2014)57巻11号853頁

火口 正芳, 余頃 祐介 「第16回図書館総合展フォーラム 識別子ワークショップ ~JaLC,CrossRef,DOI,ORCID,そして...~」 情報管理(2014)57巻10号776頁

福山 樹里 「CrossRef×JaLC合同ワークショップ<報告>」 カレントアウェアネス-E(2014)No.272 2014.12.12 E1637

中島 律子, 武田 英明 「DataCite2014年年次会議 ~データに価値を与える~」 情報管理(2014)57巻9号686頁

中島 律子 「ジャパンリンクセンター活用の為の対話・共創の場(第1回) ~機関リポジトリのコンテンツへのDOI登録~」 情報管理(2014)57巻8号591頁

土屋 江里, 余頃 祐介 「2013年CrossRef年次総会」情報管理(2013)56巻12号881頁

JaLC関連ニュース

2016年03月10日(研究データ)
国立国会図書館で、「研究データとオープンサイエンスフォーラム~RDA東京大会における議論を踏まえた研究データ共有の最新動向~」が開催されます。 案内チラシ:「研究データとオープンサイエンスフォーラム」
2015年06月11日(DOI登録)
国立情報学研究所で開催された「学術情報基盤オープンフォーラム2015」において、JaLCで行っている「研究データへのDOI登録実験プロジェクト」の紹介をしました。 講演資料:「研究データにDOIを JaLC実験プロジェクト」 YouTube
2015年03月03日(DOI登録)
国立情報学研究所でJaLC準会員の受付を開始しました。機関リポジトリ上のコンテンツに各機関がDOIを登録できるようになります。
2015年02月18日(DOI登録)
「国立国会図書館によるDOI付与」について、webページが更新されました。国立国会図書館におけるマルチプルレゾリューションについての説明等が追加されています。
2015年01月21日(システム情報)
国立情報学研究所が取り纏めるJaLC準会員のための「IRDB (JAIRO)データ提供機関のためのDOI管理・メタデータ入力ガイドライン」が公開されました。
2014年11月27日(DOI登録)
平成26年9月よりJAIROに登載の紀要論文にDOI登録を開始しました。関連して「オープンアクセスサミット2014」にて、発表されています。
2014年10月22日(DOI登録)
国立情報学研究所で開催された「オープンアクセスサミット2014」にて、機関リポジトリによるDOI登録についてのセッションがありました。
2014年03月17日(DOI登録)
国立国会図書館でデジタル化した1990年代の学位論文約14万件に対して、DOIを登録いたしました。
2012年05月28日(プレスリリース)
「ジャパンリンクセンター運用に向けた協力覚書を締結」

イベントアーカイブ

「研究データ利活用協議会」第1回研究会

2016年10月3日(月)に 報告会「研究データ共有によるイノベーションの創出 ~第8回RDA総会等の国際議論を踏まえて~」 が国立国会図書館にて開催されました。
多数の皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました。心より御礼申し上げます。

案内ちらし (PDF:187KB)

当日に配布した資料は下記からご覧いただけます。

プログラム概要報告会「研究データ共有によるイノベーションの創出 ~第8回RDA総会等の国際議論を踏まえて~」(2016年10月3日開催)

プログラム (PDF:403KB)

講演1:「RDAの概要とJaLC研究データ利活用協議会について」
武田英明氏(国立情報学研究所教授、協議会会長)

講演2:「オープンサイエンスを巡る世界の最新動向」
村山泰啓氏(情報通信研究機構統合ビッグデータ研究センター研究統括、協議会副会長)

講演3-1:第8回RDA総会参加報告
蔵川圭氏(国立情報学研究所特任准教授)

講演3-2:第8回RDA総会参加報告
込山悠介氏(国立情報学研究所助教)

講演3-3:第8回RDA総会参加報告
小賀坂康志氏(科学技術振興機構知識基盤情報部長)

講演3-4:第8回RDA総会参加報告
田辺浩介氏(物質・材料研究機構技術開発・共用部門科学情報プラットフォームエンジニア)

講演3-5:第8回RDA総会参加報告
山口聡氏(国立国会図書館電子情報部電子情報企画課)

講演4:Digital Infrastructures for Research 2016参加報告
山地一禎氏(国立情報学研究所准教授)

講演5:「RDA総会他から見えてくる研究データ共有の現状と国の科学技術・学術政策への示唆」
林和弘氏(文部科学省科学技術・学術政策研究所科学技術予測センター上席研究官)

講演6:フロアも交えたディスカッション
司会 林和弘氏(文部科学省科学技術・学術政策研究所科学技術予測センター上席研究官)

「研究データ利活用協議会」公開キックオフミーティング

2016年7月25日(月)に 「研究データ利活用協議会」公開キックオフミーティング を開催いたしました。
多数の皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました。心より御礼申し上げます。

案内ちらし (PDF:909KB)

当日に配布した資料は下記からご覧いただけます。

「研究データ利活用協議会公開キックオフミーティング」を開催

プログラム概要「研究データ利活用協議会」公開キックオフミーティング(2016年7月25日開催)

プログラム (PDF:8,455KB)

講演1:「研究データ利活用協議会」設立の趣旨
武田 英明氏(国立情報学研究所教授)

講演2-1:研究データシェアリングの実現に向けた取組方針について
小賀坂康志氏(科学技術振興機構)

講演2-2:なぜ研究者個人が頼まれもしないのに研究データにDOIを振りたいのか
轟眞市氏(物質・材料研究機構)

講演2-3_1:研究データ利活用のためのNIIの取り組み
山地一禎氏(国立情報学研究所)

講演2-3_2:地球環境情報プラットフォーム構築推進プログラム DIASプロジェクトの紹介
北本朝展氏(国立情報学研究所)

講演2-4:国立国会図書館の取組~知識インフラの深化~
伊東敦子氏(国立国会図書館)

講演2-5:研究データ利用のための コミュニティづくり、国際動向
村山泰啓氏(情報通信研究機構)

講演2-6:「研究データ利活用協議会」参加機関からの決意表明
小島功氏(産業技術総合研究所)

講演2-7:「研究データ利活用協議会」参加機関からの決意表明
林和弘氏(個人参加代表?)

研究データとオープンサイエンスフォーラム~RDA東京大会における議論を踏まえた研究データ共有の最新動向~

2016年3月17日(木)に国立国会図書館にて 研究データとオープンサイエンスフォーラム~RDA東京大会における議論を踏まえた研究データ共有の最新動向~ が開催されました。
多数の皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました。心より御礼申し上げます。

案内ちらし (PDF:3,053KB)

当日に配布した資料は下記からご覧いただけます。

プログラム概要「研究データとオープンサイエンスフォーラム」(2016年3月17日開催)

プログラム・講師ご紹介 (PDF:227KB)

講演1:研究データとオープンサイエンスに関する基礎的知識
北本 朝展氏(国立情報学研究所准教授)

講演2:研究データ利活用協議会(仮)について
武田 英明氏(国立情報学研究所教授)

講演3:Research Data Alliance (RDA;研究データ同盟)とは何か?
村山 泰啓氏(情報通信研究機構 統合データシステム研究開発室長)

講演4-1:RDA東京大会参加報告
能勢 正仁氏(京都大学大学院理学研究科附属地磁気世界資料解析センター助教)

講演4-2:RDA東京大会参加報告
小野 雅史氏(東京大学 地球観測データ統融合連携研究機構 特任研究員)

講演4-3:RDA東京大会参加報告
近藤 康久氏(総合地球環境学研究所准教授)

講演4-4:RDA東京大会参加報告
蔵川 圭氏(国立情報学研究所特任准教授)

講演4-5:RDA東京大会参加報告
池内 有為氏(筑波大学大学院図書館情報メディア研究科)

講演4-6:RDA東京大会参加報告
三角 太郎氏(千葉大学附属図書館利用支援企画課)

講演4-7:RDA東京大会参加報告
福山 樹里(国立国会図書館電子情報部電子情報流通課)

DOI Outreach Meeting 2015 in Tokyo

2015年12月3日(木)に DOI Outreach Meeting 2015 in Tokyo を開催いたしました。
多数の皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました。心より御礼申し上げます。

ご案内チラシ(日本語) (PDF:466KB)
ご案内チラシ(英語) (PDF:459KB)

当日に配布した資料は下記からご覧いただけます。

「DOI Outreach Meeting 2015」を開催

プログラム概要「DOI Outreach Meeting 2015 in Tokyo 」(2015年12月3日開催)

プログラム (PDF:70KB)

開会ご挨拶
白木澤佳子( 科学技術振興機構)

Introduction
Norman Paskin(IDF)

講演1-1:「研究データへのDOI登録実験プロジェクト」最終報告
武田英明(JaLC)

講演1-2:研究データにDOIを登録しているDOI登録機関とのショートトーク「DataCite」
Patricia Cruse (DataCite)

講演1-3:研究データにDOIを登録しているDOI登録機関とのショートトーク「ISTIC」
Qiao Xiaodong (Wanfang Data)

講演1-4:研究データにDOIを登録しているDOI登録機関とのショートトーク「Crossref」
Chuck Koscher (Crossref)

講演2-1:DOIを登録することによるメリット ~海外のDOI登録機関によるユースケースの紹介~「Crossref」
Chuck Koscher (Crossref)

講演2-2:DOIを登録することによるメリット ~海外のDOI登録機関によるユースケースの紹介~「EIDR」
Raymond Drewry (EIDR)

講演2-3:DOIを登録することによるメリット ~海外のDOI登録機関によるユースケースの紹介~「mEDRA」
Paola Mazzucchi (mEDRA)

講演3-1:多様化するDOI登録対象「国立国会図書館におけるDOI付与の取り組み」
伊東敦子(国立国会図書館)
※ 映像は撮影機材の都合により講演開始から2分17秒以降のみご覧いただけます。

講演3-2:多様化するDOI登録対象「博物資料情報へのDOIの付与について」
堀井洋(合同会社AMANE)

講演3-3:多様化するDOI登録対象「Constructing Bibliographic Relationships through DOI for Asian Studies」
Estelle Cheng (airiti)

閉会ご挨拶
Norman Paskin(IDF)

「ジャパンリンクセンター 研究データへのDOI登録実験プロジェクト中間報告会 」

2015年7月3日(金)に ジャパンリンクセンター 研究データへのDOI登録実験プロジェクト中間報告会 を開催いたしました。
雨が降り天候が優れない中、多数の皆様にご参加いただきありがとうございました。心より御礼申し上げます。

ご案内チラシ (PDF:610KB)

当日に配布した資料および動画は下記からご覧いただけます。

「ジャパンリンクセンター研究データへのDOI登録実験プロジェクト中間報告会」を開催

プログラム概要「ジャパンリンクセンター 研究データへのDOI登録実験プロジェクト中間報告会 」(2015年7月3日開催)

講演プログラム (PDF:110KB)

開会ご挨拶
水野充(JaLC運営委員会副委員長 / 科学技術振興機構)

講演1:「プロジェクトの概要」
武田英明(プロジェクトリーダー / 国立情報学研究所)

講演2:参加機関の取組み(1)「科学技術振興機構バイオサイエンスデータベースセンターの取り組み」
櫛田達矢(科学技術振興機構)

講演2:参加機関の取組み(2)「国立極地研究所中間報告」
矢吹裕伯(国立極地研究所)

講演2:参加機関の取組み(3)「データDOI実験中間報告」
山地一禎(国立情報学研究所)

講演2:参加機関の取組み(4)「DIASにおける取組み」
絹谷弘子(東京大学地球観測データ統融合連携研究機構)

講演2:参加機関の取組み(5)「産業技術総合研究所」
小島功(産業技術総合研究所)

講演2:参加機関の取組み(6)「WDS国際プログラムオフィス+国内4WDC」
能勢正仁(京都大学大学院理学研究科附属地磁気世界資料解析センター)

講演2:参加機関の取組み(7)「千葉大学」
三角太郎(千葉大学附属図書館)

講演2:参加機関の取組み(8)「機関リポジトリおよびセルフアーカイブシステム「NIMS eSciDoc」を介したDOI取得・登録の実証実験報告」
田辺浩介(物質・材料研究機構)

講演2:参加機関の取組み(9)「理化学研究所脳科学統合研究センター神経情報基盤センター (NIJC) における研究データへのDOI登録実験プロジェクトへの取組み」
磯野由依(理化学研究所脳科学統合研究センター神経情報基盤センター)

講演3:「研究データへのDOI登録ガイドライン(案)」報告
中島律子(JaLC事務局 / 科学技術振興機構)

閉会ご挨拶
村山泰啓(プロジェクト副リーダー / 情報通信研究機構)

ジャパンリンクセンター活用の為の対話・共創の場(第2回)~研究データへのDOI登録~

2015年2月27日(金)に ジャパンリンクセンター活用の為の対話・共創の場(第2回)~研究データへのDOI登録~ を開催いたしました。
お忙しい中ご来場下さいましてありがとうございました。心より御礼申し上げます。

ご案内チラシ (PDF:536KB)

集会報告につきましては下記からご覧いただけます。
情報管理(2015)58巻2号145頁
「ジャパンリンクセンター活用の為の対話・共創の場(第2回) ~研究データへのDOI登録~」

当日に配布した資料は下記からご覧いただけます。

「ジャパンリンクセンター活用の為の対話・共創の場(第2回)」を開催

プログラム概要「ジャパンリンクセンター活用の為の対話・共創の場(第2回)~研究データへのDOI登録~」 (2015年2月27日開催)

プログラム (PDF:90KB)

ご挨拶
水野充(JaLC運営委員会副委員長 / 科学技術振興機構)

講演1:「ジャパンリンクセンターの概要」
加藤斉史(科学技術振興機構)

講演2:「プロジェクトの概要」/ 講演3:「プロジェクトの進捗状況」
武田英明(JaLC運営委員会委員長 / 国立情報学研究所)
中島律子(科学技術振興機構)

講演4:参加機関の取組み(1)「DIASプロジェクトの取組み」
北本朝展(国立情報学研究所)

講演5:参加機関の取組み(2)「国立極地研究所・北極域データアーカイブの紹介と今後の取組み」
矢吹裕伯(国立極地研究所)

講演6:「Research Data Alliance の活動状況」
恒松直幸(科学技術振興機構)

講演7:「オープンサイエンスの推進と Data Citation Principles」
村山泰啓(情報通信研究機構)

◆ イベント当日、参加者の方々よりいただきましたコメント及び事務局からの回答の一部を掲載いたします。

第16回図書館総合展関連フォーラム「識別子ワークショップ ~JaLC、CrossRef、DOI、ORCID、そして・・・~」

2014年11月6日(木)に 第16回図書館総合展関連フォーラム「識別子ワークショップ ~JaLC、CrossRef、DOI、ORCID、そして・・・~」を開催いたしました。
お忙しい中ご来場下さいましてありがとうございました。心より御礼申し上げます。
(※こちらはJaLC運営委員会主催のCrossRefとの合同ワークショップとなります。)

フォーラムご案内チラシ(日本語)(PDF:379KB)
フォーラムご案内チラシ(英語)(PDF:324KB)

当日に配布した資料は下記からご覧いただけます。

JaLC開催イベント写真

フォーラムプログラム概要「識別子ワークショップ ~JaLC、CrossRef、DOI、ORCID、そして・・・~」 (2014年11月6日開催)

プログラム (PDF:93KB)

ご挨拶
水野充(JaLC運営委員会副委員長 / 科学技術振興機構)

講演1:「識別子を用いた学術コミュニケーション ~JaLCの現状とビジョン~」
武田英明(JaLC運営委員会委員長 / 国立情報学研究所)

講演2:「CrossRef:学術コミュニケーションを促進させるメタデータと識別子の活用」
Ed Pentz(CrossRef Executive Director)

講演3:「大規模ユーザによるデジタルライブラリ構築に係るORCIDの機会 ~INSPIREと高エネルギー物理分野の事例~」
Salvatore Mele(CERN)

質疑応答、パネルディスカッション
谷藤幹子(JaLC運営委員会委員 / 物質・材料研究機構)

「JaLC新システムへの移行に係る説明会」

2014年10月31日(金)に 「JaLC新システムへの移行に係る説明会」を開催いたしました。
お忙しい中ご来場下さいましてありがとうございました。心より御礼申し上げます。

当日に配布した資料は下記からご覧いただけます。

JaLC開催イベント写真

説明会概要「JaLC新システムへの移行に係る説明会」 (2014年10月31日開催)

プログラム (PDF:93KB)

ご挨拶
余頃祐介(科学技術振興機構)

説明1:「DOI、JaLC新システムの概要」
小林賢(科学技術振興機構)

説明2:「データの登録方法」
岩崎泰久(科学技術振興機構)

説明3:「今後の手続きのご案内」
余頃祐介(科学技術振興機構)

DataCite Annual Conference in Nancy, France, 25 - 26 August 2014

2014年8月25日(月)に DataCite Annual Conference in Nancy, France, 25 - 26 August 2014 において、武田英明 ジャパンリンクセンター運営委員会委員長(国立情報学研究所 教授)が、 講演 “Expanding the content categories at JaLC” を行いました。

当日の講演資料は下記からご覧いただけます。

講演“Expanding the content categories at JaLC”を開催

ジャパンリンクセンター活用の為の対話・共創の場(第1回)~機関リポジトリのコンテンツへのDOI登録~

2014年8月21日(木)に ジャパンリンクセンター活用の為の対話・共創の場(第1回)~機関リポジトリのコンテンツへのDOI登録~ を開催いたしました。
お忙しい中ご来場下さいましてありがとうございました。心より御礼申し上げます。

ご案内チラシ (PDF:288KB)

集会報告につきましては下記からご覧いただけます。
情報管理(2014)57巻8号591頁
「ジャパンリンクセンター活用の為の対話・共創の場(第1回) ~機関リポジトリのコンテンツへのDOI登録~」

当日に配布した資料は下記からご覧いただけます。

「ジャパンリンクセンター活用の為の対話・共創の場(第1回)」を開催

プログラム概要「ジャパンリンクセンター活用の為の対話・共創の場(第1回)~機関リポジトリのコンテンツへのDOI登録~」 (2014年8月21日開催)

プログラム (PDF:93KB)

ご挨拶
水野充(JaLC運営委員会副委員長 / 科学技術振興機構)

講演1:「DOI、JaLC新システムの概要」
加藤斉史(科学技術振興機構)

講演2:「JaLCにおけるDOIポリシー」
武田英明(国立情報学研究所)

講演3:「機関リポジトリの文献識別子」
杉田茂樹(千葉大学附属図書館)

講演4:「自然科学における研究成果の公表 ~機関リポジトリ及びDOI登録との関係~」
森哲(京都大学)

講演5:「研究者の論文引用の現状」
小野寺夏生(筑波大学)

講演6:「トムソン・ロイター社のWeb of Scienceにおける被引用数算出の現状」
堀切近史(トムソン・ロイター)

第15回図書館総合展関連フォーラム「スマートにDOI登録!ジャパンリンクセンターの活用」

2013年10月29日(火)に 第15回図書館総合展関連フォーラム「スマートにDOI登録!ジャパンリンクセンターの活用」 を開催いたしました。
お忙しい中ご来場下さいましてありがとうございました。心より御礼申し上げます。

当日の講演資料は下記からご覧いただけます。

第15回図書館総合展関連フォーラム「スマートにDOI登録!ジャパンリンクセンターの活用」を開催

フォーラムプログラム概要「スマートにDOI登録!ジャパンリンクセンターの活用」 (2013年10月29日開催)

プログラム (PDF:62KB)

ご挨拶
水野 充(JaLC運営委員会委員 / 科学技術振興機構)

講演1:「識別子DOIの基礎知識」

講演2:「ジャパンリンクセンター利用案内」
加藤斉史(JaLC事務局 / 科学技術振興機構)

第14回図書館総合展関連フォーラム「ジャパンリンクセンター利用説明会」

2012年11月20日(火)に 第14回図書館総合展関連フォーラム「ジャパンリンクセンター利用説明会」 を開催いたしました。
お忙しい中ご来場下さいましてありがとうございました。心より御礼申し上げます。

当日の講演資料は下記からご覧いただけます。

第14回図書館総合展関連フォーラム「ジャパンリンクセンター利用説明会」を開催

フォーラムプログラム概要「ジャパンリンクセンター利用説明会 ~DOIで国内の電子学術コンテンツへの永続アクセスを可能に!~ 」(2012年11月20日開催)

プログラム (PDF:125KB)

ご挨拶
大倉克美(JaLC運営委員会副委員長)

講演1:「DOIって何?」
武田英明(国立情報学研究所)

講演2:「ジャパンリンクセンターの概要」
加藤斉史(科学技術振興機構)

講演3:「ジャパンリンクセンターの活用意義や期待」
①検索者側から
松田真美(NPO医学中央雑誌刊行会)

講演4:「ジャパンリンクセンターの活用意義や期待」
②登録者側から
阿部潤也(東京歯科大学図書館)